--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2016/08/23 (Tue) 12:09
先日のレッスンで先生が、いよいよアンブシュアの究極で簡単な教え方が分かりましたとのこと。
その方法でアンブシュアを作ると、納得。先生のアンブシュアと同じ見た目になる。
音の出かたは、チューニングB♭の上のミ・ソ辺りが楽に鳴らせる感じ。その上の音も苦しそうな音に聞こえず、
楽に鳴らせているように聞こえる。ただし、チューニングB♭と、その下の音がめちゃくちゃ鳴らしにくい。
きっとこの感覚が数年前に先生が言ってたやつだな。唇がうまく振るえてくると、低い音も出そうな感じ。
まだ演奏できるレベルではないので、レッスンや、バンド、本番は今までのアンブシュアで吹いている。
個人練習でのみ、新しいアンブシュアで練習しています。楽器ができない時は、ひたすら唇をぶるぶる
させています。このアンブシュアが整ってくれば、今度こそ本当に音を出す悩みから開放されますww
そんなわけで、音符を使った練習は今はしていません(笑)
真のアンブシュアを使いこなすまでは後数週間はかかるかなぁ?
乞うご期待です(人 •͈ᴗ•͈)
 
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。