--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2015/08/17 (Mon) 16:12
5月から実に3カ月ぶりw
バンドの慰問先での納涼祭や、スクールの発表ライブなどありましたが、
なかなかブログにUPするまでは至らず(-_-;)
またぼちぼち書いて行こうと思ってます。

ライブでソロを演奏する機会があったので、自分なりの課題を決めて練習していました。
ライブの出来栄えはまーこんなもんかなってところです。(たいしたこたぁない)
ブルーススケール一発のアドリブから逸脱しようと、コードトーンを意識して練習しています。
12月にもスクールのライブを予定しており、インストで1曲バラードやろうってことで、「body and soul」
を練習します。keyがtpのE♭ということで、E♭のJAZZブルースのコードを勉強します。
その中に「A dim」があるんですが、ディミニッシュコードは良く分かんないので今までスルーしてましたw
せっかくだし調べてみようと思ってググったらなんと、意外にも単純な作りであることがわかりました!
ルートから短3度の音を積んだコードとあり、そうなるとコードに含まれるほかの音のコードは、転回するだけだと。

例えば、「Adim  ラ ド ミ♭ ソ♭」
これを ド から並べれば、 「ド ミ♭ ソ♭ ラ」 となり、「Cdim」 になるそうです!!

なるほどー。ということは、組み合わせを1個がっちり覚えておけば良さそうですね♪

せっかくなので記載しておきます。

「Adim ラ ド ミ♭ ソ♭」 = 「Cdim ド ミ♭ ソ♭ ラ」 = 「E♭dim ミ♭ ソ♭ ド ラ」 = 「G♭dim ソ♭ ラ ド ミ♭」
「B♭dim シ♭ ド# ミ ソ」 = 「C#dim ド# ミ ソ シ♭」 = 「Edim ミ ソ シ♭ ド#」 = 「Gdim ソ シ♭ ド# ミ」
「Bdim シ レ ファ ラ♭」 = 「Ddim レ ファ ラ♭ シ」 = 「Fdim ファ ラ♭ シ レ」 = 「A♭dim ラ♭ シ レ ファ」

Adimだけ覚えておけば、右に=で書いた転回系でコード4つ。
Adimを半音上げてB♭dim。でまた転回して4つ。
で、半音上げてBdim。転回して4つ。
こう言うふうに考えると簡単な気がします。
実際は7度までは使いこなせないんですけどね。1・3・5でいっぱいいっぱいです(・_・;)
いちおうdimコード構成音の理解にまでとどめておきます。

今日もひとつ勉強になったなあ♪
スポンサーサイト

 
 
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。