--/--/-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
2013/12/10 (Tue) 00:36
ラッパ人生において、これまでの成果をまとめる。
不調になりにくい、安定した演奏を成すためなのです。

①演奏前に仮眠などしないこと。
急に来る不調の波は、寝起き後の演奏になってる気がする。
理屈は分からないけど、多分そう。
たくさん振動してなんぼの唇が、寝ることによってその筋肉が
振動しにくくなるのでは?と考える。
もしそんな状況に陥ったら、不調の原因は唇が振動しにくくなってると疑い、
唇をほぐす運動をすること。
10分〜15分くらい、唇をぶるぶるする。

②楽器をしばらくさわれなくても演奏する時は
いつも同じアンブシュアであること。
不調の原因は、何日かぶりの演奏かも?微妙にアンブシュアがズレる可能性がある。
いつも同じアンブシュアをキープするために、言葉での表現をしておく。
今現在のアンブシュアのセッティングは、「両ほっぺた全体をしぼるように、握るように」
本日はここまで♪
スポンサーサイト

 
 
コメント投稿
名前
題名
mail
URL
pass
装飾
本文
非公開
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。